~脳とこころの健康~ ひろかわクリニック(宇治駅前MCIクリニック)は“認知症予防”の専門クリニックです。
~脳とこころの健康~ ひろかわクリニック(宇治駅前MCIクリニック)は“認知症予防”の専門クリニックです。
診療時間
診察の予約 問い合わせ

脳画像検査

脳画像検査は問診や神経心理検査と組み合わせて、MCIや認知症の診断するうえの補助的情報として必要に応じて行います。

※脳画像検査は、連携病院で受けていただきますが、検査結果は、当院にて医師によるコンサ
 ルテーション(結果報告)時にご説明します。

MRI/CT

脳の萎縮、梗塞、出血、腫瘍、水頭症といった脳のかたちをみる検査です。
MRIは磁場を利用した画像です。体内に金属がある方は熱が発生したりして危険であるため撮影できませんので、CTでの撮影を選択します。
CTは放射線を利用した画像です。MRIに比べて画像は鮮明ではないですが、短時間で撮影が可能です。
アルツハイマー型認知症では海馬、頭頂葉、側頭葉、前頭側頭型認知症では、前頭葉、側頭葉の萎縮が特徴的です。血管性認知症では、梗塞や出血を確認します。

MRIイメージ

※必要に応じて、連携病院で検査を受けていただきます。 検査結果は、当院にて医師によるコ
 ンサルテーション(結果報告)時にご説明します。

脳血流シンチグラフィ(SPECT)

シンチグラフィとは放射線を出す薬を注射し、体内の様子を画像化することです。SPECTとはシンチグラフィの画像を輪切りにしたものです。脳の血流状態を画像で見ることのできる検査方法です。
アルツハイマー病では帯状回後部、側頭葉、頭頂葉、脳血管性認知症では梗塞部位と前頭葉、レビー小体型では、後頭葉、前頭側頭型認知症では前頭葉、側頭葉の血流低下を認めます。アルツハイマー型認知症の脳は、頭頂葉内側の楔前部などで血流の低下が見られることから、血流の低下部位を確認します。

※必要に応じて、連携病院で検査を受けていただきます。 検査結果は、当院にて医師によるコ
 ンサルテーション(結果報告)時にご説明します。

SPECTイメージ